島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

島村楽器 イオンモール神戸北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【イベントレポート】7/21 EWI ミニライブ&ハンズオンセミナー

みなさんこんにちは、神戸北店スタッフの吉川です。
梅雨も明けてあつーい季節がやってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
熱中症にならないよう、水分補給を欠かさずに楽器練習してくださいね。

さて今回は夏の暑さもかなわないほど「EWI」に熱狂的なAKAI公式EWIエンドーサー

よしめめ氏

f:id:shima_c_kobe-k:20180721204143j:plain

そのよしめめさんが「この人はこちら側の人間だ」と認めるほどEWIを愛しておられる島村楽器EWI・サックス・ジャズサックス科講師の

梶田勇

f:id:shima_c_kobe-k:20180721204201j:plain

お二人による「ミニライブ&ハンズオンセミナー」を開催しましたので、そのレポートです!

まず第一部として開催されたのはEWIを使用しての店頭ミニライブ!

f:id:shima_c_kobe-k:20180721204505j:plain

さまざまな楽曲を演奏していただいたのですが、まず感じたこととして「同じ楽器を使用しているのに、音色から表現の仕方から、全然個性が違う!」というところ。

f:id:shima_c_kobe-k:20180721204412j:plain
よしめめ氏の場合、楽器一つによる演奏とは思えないほどの多彩な音色と、その音色によって変わっていく演奏の仕方。
サックスの音色によるリードプレイがあるかと思えば、ピアノの音色でまるでキーボードプレイのような演奏がはいったり、低音をつかってベース部分の演奏があったり、純粋なアナログシンセ音による演奏があったりと、驚くほどのバラエティでした!

聞くところによると、ドラムからバッキング、ベース、ギターのカッティングまでEWI一本でこなすことが出来るそうです!どんなパートでもこなしてしまうので「音楽仲間が減る」とのこと(笑)

f:id:shima_c_kobe-k:20180721204602j:plain
そして梶田先生の場合、アナログシンセの音色を使っての演奏でしたが、やはりサックス科の講師です、生楽器かと思うほど自然でダイナミック!吹奏楽器としての表現力とアナログシンセ音が組み合わさるとこんなことになるのかとびっくりです。鍵盤付きのシンセサイザーとはまた全然ちがった世界でした。
もちろんシンセサイザーなので、生楽器ではカバーしきれない音域の広さ、音色の自由さがあり、そんなところもEWIならではと実感!


そんなお二人のアンサンブルは皆さんのご想像通り、EWIの可能性を押し広げるような素晴らしいものでした!


そしてそんなミニライブを終えましたら第二部「ハンズオンセミナー」

参加者のみなさんにEWI演奏の具体的なテクニックをご紹介して頂きました!

まず初めに基本的な操作を教えてもらってから・・・
f:id:shima_c_kobe-k:20180721204741j:plain

「息の強さによるアタック音の演出」「ビブラートのかけ方と仕組み」「人によってさまざまな演奏方法」など、お話がどんどん深くなっていきます・・・
f:id:shima_c_kobe-k:20180721204817j:plain

聞けば聞くほど、こんなこともできるのか・・・奥が深いな・・・と、深い沼にハマっていくような感覚。これに完全に飲み込まれてしまったのが、よしめめ氏のいう「こちら側の人間」なんだと思います。なんと魅力的な楽器なんでしょうか・・・。
f:id:shima_c_kobe-k:20180721204855j:plain
セミナー参加者の皆さんも夢中になって演奏しています。


そして、よしめめ氏のセミナーのなかで特に印象に残ったのが「とっかかりは敷居が低く手軽に音を楽しめる、ただその奥を掘り出すといくらいっても底が見えてこない」という言葉。

ハマればハマるほど広がる音楽の世界、みなさんにも興味をもっていただけましたでしょうか?

当店にお越しいただきましたら、いつでもEWIをお試しいただけます!
さらにサックス・ジャズサックス・EWI科講師の梶田勇先生のレッスンもございますので、ご興味ある方はぜひお問い合わせください!
詳細はこちら↓↓↓
www.shimamura.co.jp

お問い合わせはこちら

店舗 島村楽器イオンモール神戸北
TEL 078-983-3921
担当 吉川(よしかわ)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.