島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

島村楽器 イオンモール神戸北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフブログ】島村楽器イオンモール神戸北店 音楽教室 体験レッスンレポート~ヴァイオリン編~

念願の!ヴァイオリンの体験レッスンを受けて来ました!

こんにちは。音楽教室担当の下山です。
スタッフ吉野のエレキベース
【スタッフブログ】島村楽器音楽教室・体験レッスンレポート~ベース編~ - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
副店長石嵜のクラリネット
【スタッフブログ】島村楽器イオンモール神戸北店 音楽教室 体験レッスンレポート~クラリネット編~ - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
に続き、わたくし下山も体験しちゃいました。
それも、バ、ヴァ、ヴァイオリン!!

f:id:shima_c_kobe-k:20171110145206j:plain
これまで電子オルガンとチューバしか経験のない私。ギターやウクレレも独学でやってみようとしてはや〇年・・・
楽器は難しい。ヴァイオリンは自分とは程遠い楽器。正直、そんな風に思っておりました。

しかし!
神戸北店ヴァイオリン教室には、小学生から大人の方まで実に幅広くレッスンにお越しいただいています。
発表会で生徒様の演奏を聴くたびに、皆様の熱心な練習ぶりと楽しそうな姿に憧れておりました。
10月にはヴァイオリン科の長永先生によるミニコンサートでさらに憧れが増し・・・
【イベントレポート】秋のヴァイオリンミニコンサートを行いました! - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

ということで、当店のヴァイオリン講師・長永 啓子先生に相談し、体験レッスンを受けさせて頂きました!

ヴァイオリン・ヴィオラ科講師のご紹介

www.shimamura.co.jp
果たして、下山はどんなことが出来たのでしょうか??

体験レッスンレポート

①まずはヴァイオリンを構えてみよう!

スタッフ下山(以下下山)「こんにちは。長永先生、宜しくお願いします!」
長永先生(以下長永T)「こんにちは。宜しくお願いします~!下山さんは、どんなヴァイオリンの曲が好きですか?」
下山「フルートでよく聴く曲ですが、シチリアーノと、美しき夕べという曲が素敵だなと思っています。」
長永T「美しき夕べ、ドビュッシーが好きなんですね。教本にも載っていますよ~。」

長永T「それではまず、ヴァイオリンを持ってみましょう。左手を右肩に当てて、その姿勢でヴァイオリンをあごと左肩に挟んでみてください。」
下山(あごをグリっと左に向けるも一発では挟まらず・・・)「あ、あれ?・・・」(微調整して何とかあごと肩の間に楽器を固定。)
長永T「お鼻の先は、ヴァイオリンの渦巻きの方に向けてくださいね~。」(渦巻き=ヴァイオリンのてっぺん、糸巻きの上の部分。)
下山「(姿勢が良くなりそうだな~・・・)」

②ヴァイオリンってどう鳴らすの?

楽器を構えることができたところで、まずは弓を使わずに指でをつま弾くことに!
長永T「それでは、ピチカートで音階を弾いてみましょう。」(ピチカート=
を指ではじく奏法。)
「シールが貼ってあるところを押さえると、ドの音が出ますよ。」
f:id:shima_c_kobe-k:20171110133549j:plain
下山(一番太いG線 シールの上段を薬指(3指)で押さえて指ではじく。)
「ポ~ン(ドの音)」
長永T「次は何も押さえずにはじいてみて下さい~。」
下山「ポ~ン(レの音)」
続いてミ、ファ、ソから上のドの音まで、先生の実演を見ながら何とか鳴らすことができました!

③いよいよ弓!

f:id:shima_c_kobe-k:20171110145824j:plain
体に力が入ってカチコチながらも、楽器を構えてつま弾くことに慣れて来たところで、いよいよ弓を持ちます。
まず右手親指と中指で持ち、そこから他の指を添えて行く・・・のですが、どうやら私の指もカチコチです・・・。
そして、何気なく持つと軽い弓も、指や関節を意識して持つと重く感じることに驚きです。
長永T「人差し指の付け根の関節を弓の竿の高さと同じくらいにして~・・・」
下山「・・・(体よ言う事を聞いておくれ・・・)」
そして、左手は何も触らずにA(=ラの音)を弓で鳴らして行きます。
ここでは、長永先生が私の右腕を持って弓の動かし方を教えてくださり、なめらかに音が鳴ります。
でも、動かす腕と弓の角度を把握するのが難しい・・・!

④音階を弓で奏でよう!

f:id:shima_c_kobe-k:20171110150036j:plain
はじめにピチカートで覚えた音階を、今度は弓で弾いて行きます。
そ、そんなことできるかな?!と思いつつ、先生のサポートで弾いて行きます。
下山「ド~ レ~ ・・・ミ~ ファ~ ソ~ ラ~ ・・・シ~ ド~・・・」
・・・左手でドレミを押さえるだけでも汗が出ますが、そこに弓を動かすとなると頭の中が大騒ぎです。
コツを掴むため、何度も繰り返します。
長永T「弓をお習字の筆のようなイメージで動かすと良いですよ~。」
下山「なるほど~・・・(素敵な表現だな~)。」しかしまだ体はカチコチです(苦笑)。

⑤なんと!曲に挑戦!

長永T「このドレミの音階で、”ちょうちょ”が弾けるんですよ。まずはピチカートでやってみましょう。」
というわけで、先生の誘導にしたがってひとつずつちょうちょのメロディーを弾いて行きます。
その後、あれよあれよと弓で弾くことに・・・
f:id:shima_c_kobe-k:20171110152826j:plain
ご覧の通り、わたくし引きつっております(笑)
左手が音の場所を捉える前に、右腕の弓が勝手に動いてしまい雑音が!でも私の右腕は止まりません・・(汗)
長永Tを押さえてから少し呼吸を置いて弓を動かすと良いですよ~。」
下山「は、はい~・・・!」

最後に教室スタッフ中村さんに聞いてもらうことに!
さすがに人前となると気合いを入れ直し、破れかけた羽ながらも、ちょうちょってこんな曲やったっけ・・・と思いながらも、何とか最後まで弾き終えました。
中村さん曰く
「ちゃんとちょうちょ飛んでましたよ~!」とのことでした・・・!

体験レッスンを終えて

f:id:shima_c_kobe-k:20171110153113j:plain
「こんなにあれよあれよと音を鳴らして行けるなんて~。」
長永先生の、優しくスムーズなご指導により、頭であれこれと考えてしまう前に色々なことを体験させていただけるレッスンでした!
頭と体の日頃使わない部分をかなり使ったようで、終わった後は妙なハイテンションかつ頭がポーっとしたくらいだったのですが、「難しいから私には無理!」ではなく、「難しいけど面白そう。やってみたい!!」という感想が浮かびました。
全く経験のない私でも、まずは一つひとつの動きや音に集中する、という体験がとっても新鮮でためになりました。

長永先生の丁寧かつ優しいご指導に引き込まれ、あっという間の30分でした。
最後になりましたが長永先生、ご協力いただき有難うございました!
以上、ヴァイオリン体験レッスンレポートでした~!


島村楽器イオンモール神戸北音楽教室では、各コース体験レッスンのご予約を受け付けております!
※実施コース・実施曜日・時間につきましては、お問合せください。
ご興味のある楽器がございましたら、ぜひ一度体験レッスンにお越しください。
魅力的な講師のレッスンで、音楽生活を豊かにしませんか?

ヴァイオリン・ヴィオラ科講師のご紹介

神戸北店ヴァイオリン・ヴィオラコースは、月曜日と金曜日に開講しています!
www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.