島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

島村楽器 イオンモール神戸北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフブログ】JC-40で'68 CUSTOM PRINCETON REVERBの音を出す!~吉川のちょっとマニアックなエレクトリック小話~

こんにちは!

神戸北店アンプ・シンセ・DJ担当の吉川です!!
f:id:shima_c_kobe-k:20170715143420j:plain


みなさん楽器練習は捗っていますか?
自宅の練習だけでは物足りなくなってスタジオで爆音をならしたくなること、ありますよね。
バンドをしている方ですと、月に何回かスタジオ練習ということもありますね。
でもそんなとき、たまにあること

スタジオにお気に入りのアンプがない・・・

ある日のお話です・・・
私もバンドで音合わせをすることになり、意気揚々スタジオへ向かったのです。

しかし、私の好きなフェンダーアンプ「ツインリバーブ」がないじゃないですか。

さあこれからガッツリ練習しようと意気込むメンバーに向かって、熱心かつ人格者である私はこう言い放ちました。

「あ・・・、ツインリバーブないやん、もうだめです。ぼく、熱かった気持ちが萎えてしまったんで寝ときます。あとは皆さんよろしく」


そうして、一生懸命練習をしているドラムやベースの音が鳴る中そっと眠りについたのですが・・・



果たして私はあの時、あの爆音の中、耳をふさいで眠りにつく必要はあったのでしょうか?

そこに置いてあったJC-120という素晴らしい日本の名器で、好きなサウンドを奏でることはできなかったのでしょうか?






~~~~~というのは冗談で、本当はまじめに練習したのですけど。
みなさんも似たような経験をしたことはあるのではないでしょうか。

JC-40で'68 CUSTOM PRINCETON REVERBの音を出してみる


ジャズコーラスを本命として使う方ももちろんいる中、本命の代わりとして使っている方もいるかと思います。

もっというと私みたいに「フェンダーアンプの代わりに使っている」という方も、ある程度いらっしゃるかもしれません。

そんな方々の参考になればと思いまして
今回は以前に投稿したJC22とJC120の比較記事に引き続き、JCサウンドの幅の広さを検証してみたいと思います!


今回は記事のタイトル通り、店頭にあるローランド「JC40」とフェンダー「'68 CUSTOM PRINCETON REVERB」を比較した検証をしてみました。

少し長めの前置きにお付き合いくださった皆さんのお察し通り、「ジャズコーラスフェンダーアンプの音を出してみよう」という試みになります。

では、いざ検証


↓↓↓


いろいろ試行錯誤の過程があったのですがそれはひとまず置いておいて、まずは実際に「PRINCETON REVERBに寄せた音作りをしたJC-40」と「PRINCETON REVERBそのもの」のサウンドを聴いてもらいたいと思います。

youtu.be


どうでしょうか、全く同じとはいきませんがヒラメとカレイくらいには似せることが出来ましたかね?・・・それともマナカナくらいかな?
f:id:shima_c_kobe-k:20170916200920p:plainf:id:shima_c_kobe-k:20170916201013p:plain






~ハイ、以下解説です↓↓


〇ツマミ位置
プリンストンバーブ
ボリューム「2~3」 ベース・トレブル共に「5(フラット)」 他は「0」

これを基準としてJC-40のサウンドを近づけていきました。

・JC-40
ブライトスイッチ「OFF」 ボリューム「2.5」 トレブル「1(気持ちあげる程度)」 ミドル「5(12時)」 ベース「10(最大)」
さらに、リバーブを「0.5」 VIBをスピード「0.5」 デプス「2」。ディストーションは「0」。







↓↓ここからは、試行錯誤の中で気づいた点を挙げていきます!


プリンストンはフルフラットでも低音が強い
→JC40の方ではベースを最大まであげて、やっと音が近づいたなと感じるくらいでした。



プリンストンは出ている中音域の幅が広く、スムースで暖かい印象
→JC40でそれに近づけようとミドルをあげてみても中音域の比較的レンジの狭いポイントが抜けてくる印象で、プリンストンと比べるとシャープになってきます。この違いに結構悩まされました。

!この違いを解決するために試してみたこと!
ディストーションを少し上げてみる→出てくる中音域の幅が広がりサウンドは近づくのですが、ピッキングを強くするとやはり求めていない歪みがでてきてしまいました。

②コーラスを薄くかけてみる→音に厚みを増すという意味で試してみました。しかし薄くかけると効果があまり感じられず、強めにかけると厚み感は増しますが独特の揺れといいますか、サーフっぽい音になってきます。あとコーラスやフェイザーなどでのあるあるですが、すこし音が遠くなった印象になります。これもこれで奥行き感があって良いのですけどね・・・!

③マスターボリュームを少し大きくしてVIBをかける→これが今回の動画で撮られている方法です!「音のピッチやボリュームが揺れていると、出ている最大音量が大きくても聴感上ではそれに比べて小さい音量に聞こえる」といったことをお勉強した記憶があるのですが、それを試してみました。そうすると聴感上はプリンストンと同じくらいの音量でも、全体のレンジが広がった印象(端的に言えばコンプを掛けたような感じ)で、それに加えて真空管のような暖かい揺らぎもついたので、倍音豊かなプリンストンのサウンドにすごく近づきました!またVIBをオンにするとステレオ出力になるようで、うまい具合に音が干渉して柔らかいサウンドになっているというのもあるかもしれません。


プリンストンはリバーブOFFでも少し残響音がある(・・・気がした)。
箱鳴りなどの影響だと思うのですが・・・。はい、JCでリバーブが気持ち程度かけられているのはそのためです。
いや、掛けられているエフェクトは「気持ち程度のリバーブ」ではなく、もはや「気持ち」です。


まとめ

というわけで、音に対する疑心暗鬼や腰の痛み(ずっと屈んでツマミを触っていました)と闘いながらアンプと向き合っていたわけですが、いろいろな気づきがあり楽しかったです。
ジャズコーラスシリーズはイコライザーの効きが強く扱いが難しいといった意見も聞きますが、その分音作りの幅も広く内蔵エフェクトも相まって様々なサウンドを出すことができますね!
それと同時にプリンストンバーブのようなチューブアンプのもつ豊かな音の秘密にも、すこしだけ触れられたような気がします!
まだまだ改善の余地ありですが、是非皆さんもこの記事を参考にしつつベストなサウンドを手に入れてくださいね!

ただ前回も言いましたが、「そういうお前(吉川)の耳は一体どれだけあてになるねん」という問題もありますし、動画で聞いていただける音にも限界がありますので、是非皆さんにも当店で実際に二つのアンプの音を聴き比べて頂きたいと思っております。

もちろん当店では色んなイコライザやエフェクトの設定、コンパクトエフェクターのかかり具合等、いろいろ試して頂けます!お気軽にお越しの上、お試しくださいね!

2017年10月4日更新(【アンプ】ベースアンプセール品のご案内)
www.shimamura.co.jp


2017年9月19日更新(【アンプギターアンプセール品のご案内)
www.shimamura.co.jp

スタッフ吉川の過去ブログはこちら↓
【スタッフブログ】~JC22とJC120をブラインドテストする編~吉川のちょっとマニアックなエレクトリック小話 - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
【スタッフブログ】~シンセ曲をいろいろ聞いてみる編~吉川のちょっとマニアックなエレクトリック小話 - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

当店スタッフブログのオススメ記事はこちら↓
【スタッフブログ】島村楽器音楽教室・体験レッスンレポート~ベース編~ - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
【スタッフブログ】田中の愛すべき商品たち~Vol.3 これは便利!小型×大音量×可愛いBluetoothスピーカー編~ - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
【スタッフブログ】あなたはどの味にする?! かき氷ピックはじめました!! - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
【スタッフブログ】エトウの未知案内第5話~ギター生徒様インタビュー「中尾 文美」~ - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ





お問い合わせ

ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください!



店舗 神戸北店
電話番号 078-983-3921
担当 吉川
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.