島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

島村楽器 イオンモール神戸北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフブログ】島村楽器イオンモール神戸北店 音楽教室 体験レッスンレポート~クラリネット編~

クラリネットの体験レッスンを受けてきました!

f:id:shima_c_kobe-k:20170820200709j:plain
こんにちは。副店長の石嵜(いしざき)です。夏休みもいよいよ終盤ですね。皆さん、素敵な夏を楽しんでいらっしゃいますか。
さて、何かに挑戦したくなる夏、クラリネットが吹けるようになりたいな~!!

石嵜はこれまで、吹奏楽部やマーチングバンドでフルートを経験して来ました。実は体験入部の時も、社内の管楽器研修の時も、色んな先輩方にアレコレと吹き方を教えて頂いたのにも関わらず、恥ずかしい事に、一度もクラリネットを吹けた事がないのです。やはり、センスが無いのでしょうか。あの柔らかい音が好きなのに、片思いのような感じ、とても切ないです。

ということで、当店のクラリネット講師・星野悦子先生に相談し、体験レッスンを受けさせて頂きました!
果たして、石嵜は吹ける様になるのでしょうか!?

クラリネット科講師のご紹介

f:id:shima_c_kobe-k:20170820204612j:plain

星野悦子先生のプロフィール

大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業。
卒業後、神戸芸術文化会議主催KACCコンサート他、多数の演奏会に出演。
クラリネットを、高橋多美、藤井由香の両氏に師事。

クラリネットコースについてはこちらをご覧ください。

www.shimamura.co.jp

体験レッスンレポート

①まずはマウスピースだけで音を出してみよう!

スタッフ石嵜(以下石嵜)「こんにちは。星野先生、宜しくお願いしま~す!」
星野先生(以下星野T)「こんにちは。宜しくお願いします~!じゃあ早速、石嵜さんが知っている知識のままに、マウスピースとリガチャーとリードをセットして、マウスピースだけで鳴らしてみよっか。」
まずリードを湿らせて、マウスピースとリガチャーをセット。セットしたマウスピースをくわえて、息を吹き込んでみましたが、鳴りません。

星野T「オッケー!石嵜さん、もしかして『深くくわえないと』って思ってない?」
石嵜「思ってます!え?違うんですか?深くくわえないと音が鳴らないとばかり。」
星野T「はい、初心者の方ってそう考えちゃう人が多いんやけど、実は思っているより浅めにくわえます。」
石嵜「そうだったんですね!」

クラリネットってどう鳴らすの?

f:id:shima_c_kobe-k:20170820190211j:plain
ここで、星野先生よりマウスピースの構造と、くわえる角度について詳しくご説明して頂きました。
日本人の歯の嚙み合わせは欧米とか他の国の人に比べて、上の歯が下の歯より前に出ている方が多いらしく、考えなしに深く加えると逆にリードを押さえ過ぎて音が鳴りにくいとのこと。
f:id:shima_c_kobe-k:20170820192358j:plain
星野先生にくわえ方や角度を横から見てもらいながら、石嵜が息を入れると!

「ポ~♪」

石嵜「おおお~鳴りました!やった~!」
星野T「ね、深く加えないでしょ?あ、でもそうやって一度マウスピースを口から放しちゃうと、もう一度くわえたときに鳴らなかったりする。」
石嵜「・・・くぅ、鳴らないです。ぬか喜びでした。」
この後、何度かくわえて吹いてを繰り返し、スムーズに鳴るようになると、再び石嵜のテンションが上がって来ました!

③楽器は持ち方が大事!右手親指の活躍。

f:id:shima_c_kobe-k:20170820192641j:plain
星野T「それでは吹く感覚を掴んだところで、楽器を組立てて持ってみましょうか。楽器の支え方にも少しコツがあります。」
右手親指をクラリネットのサムレストに置いただけだとグラグラするので、右手で上に持ち上げる感じ、くわえた口で固定します。
これだけですごく吹きやすくなりました。持ち方って大事ですね。
星野T「まずは指で何も押さえずに吹いてみましょう。」
石嵜「ソー♪お!」
星野T「次、左手の親指だけ押さえて~」
石嵜「ファー♪」
星野T「さらに人差し指を加えて~」
石嵜「ミー♪」
星野T「じゃ中指も~」
石嵜「‥レ♪」
星野T「最後に薬指、ド~」
石嵜「・・・ド♪、ふぅ、段々苦しくなりますね。」
f:id:shima_c_kobe-k:20170820175939j:plain
星野T「下の音になるほど、息の量も要るから最初は苦しいかな。でも吹けましたね!」
石嵜「吹けましたぁ!めっちゃ嬉しいです!!」

④各音を長く伸ばして吹いてみよう!

f:id:shima_c_kobe-k:20170819225246j:plain
星野T「ではスラーで各音少しずつ伸ばして吹いてみましょうか。まずはド~から、さんはい!」
石嵜「ドー♪」
星野T「ド~レ~、さんはい!」
石嵜「ドーレー♪」
星野T「ド~レ~ミ~、はい!」
石嵜「ドーレーミー♪」
星野T「もう一回、ド~レ~ミ~」
石嵜「ドーレーミー♪」
星野T「ドレミを何回か繰り返して~」
石嵜「ドーレーミー♪、ドーレーミー♪」
ここで、星野先生のピアノ伴奏が付いてきました。
すごい、自分が吹いている音に伴奏がつくなんて嬉しい!
あれ?このメロディーってまさか・・・

⑤いつのまにか曲が吹けちゃうことも!?

f:id:shima_c_kobe-k:20170819225203j:plain
星野T「その調子で続けて~、ソー・・・」
石嵜「ソー・・・ミーレードーレーミーレー♪」
星野T「そうそう!そのまま繰り返して~(伴奏)」
石嵜「ドーレーミー♪、ドーレーミー♪、ソーミーレードーレーミード~♪」
星野T「(パチパチ~)よくできました!」
石嵜「チューリップの花、咲きましたー!やったーめっちゃ嬉しい!星野先生の伴奏に合わせると、急に上手くなった気がします。感動で泣きそうです!」
星野T「まさか最後に曲が吹けるとは思わなかったでしょう?」
石嵜「はい、さり気なく曲になっている事も嬉しかったです。」

体験レッスンを終えて

f:id:shima_c_kobe-k:20170819225041j:plain
「楽器が吹けるってほんまに楽しい!」と感じるレッスンで、濃い内容だったのであっという間に30分が過ぎていました。もう少し聞きたいな、吹きたいな、とも思いました。何より吹ける様になったことが嬉しかったです。
せっかく吹ける様になったので、石嵜もレッスンの受講を前向きに検討していきます!
プロの目線から、具体的で的確なアドバイスをくださることは勿論、生徒様の一つ一つの悩みにも親身になって応えてくださる先生です。
難しいフレーズを克服したい吹奏楽部員さんも、クラリネットに興味のある初心者さんにもピッタリなレッスンです。是非レッスンを体験してみてはいかがでしょうか。
星野先生のレッスン、一押しです!!
最後になりましたが星野先生、ご協力いただき有難うございました!

当店のスタッフの人柄がわかる!スタッフブログはこちらです!

kobe-k.shimablo.com
kobe-k.shimablo.com
kobe-k.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.