島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

島村楽器 イオンモール神戸北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフブログ】エトウの未知案内第5話~ギター生徒様インタビュー「中尾 文美」~

f:id:shima_c_kobe-k:20170711200626p:plain
皆さんこんにちは!
納豆は「大粒」or「小粒」派?と聞かれれば「ひきわり」派と答える王道を行かない男。島村楽器イオンモール神戸北店スタッフの江頭(えとう)です。
f:id:shima_c_kobe-k:20170710205058j:plain
食感が良いんですよね・・・失礼、間違えました。スタッフの江頭です。
f:id:shima_c_kobe-k:20170606202514j:plain

島村楽器には小さな小物商品から楽器、マニアックな物まで、様々な商品がございます。
そんな商品達をスタッフ目線で紹介していく未知案内ブログ。第5回。
前回は島村楽器音楽教室、「ピアノ弾き語り」コースのご紹介でした。
kobe-k.shimablo.com

さて、今回もモノでは無くヒト紹介です。島村楽器神戸北店でライブ演奏をして頂いた方の紹介をさせて頂きます。・・・本当に商品紹介をしないブログですみませんデス。割り切っていきますよ。
ということで・・・

中尾 文美

f:id:shima_c_kobe-k:20170710141814j:plain

中尾 文美(Gt,Vo)
ハイ、神戸北店ではすっかりお馴染みの顔になっておりますアコギ女子、中尾 文美(ナカオ アヤミ)さんです!中尾さんは当店の音楽教室、ギターレッスンにも通って頂いている生徒様。

そんな中尾さんには先日より島村楽器が開催しております「HOTLINE 2017」というライブイベントに出演して頂きました。レッスンで磨いた腕前を人前で披露する、という島村楽器としてはとても嬉しい活動をして頂いております。

ご出演頂いたHOTLINEライブレポートはコチラ↓
kobe-k.shimablo.com


最近ではライブハウスでも精力的に活動をされているとのこと。そんな話を聞き出すべく、ライブイベントの後、熱が冷めてしまわない内にインタビューを仕掛けました!ちなみに教室の生徒様ということもあったので教室スタッフの中村にもインタビューに参加してもらいました。

インタビュー内容、ご覧下さい。

インタビュー

江頭「この度はHOTLINEライブ2017に参加頂きありがとうございます。お疲れ様でした!ライブのご感想は?」

中尾 文美さん(以下:中尾)「いやぁ~課題が多いです。特に今日、新しく書いたばっかりの曲を演奏したんですけど、もっとしっかり仕上げないと・・・。」

教室担当、中村(以下:中村)「え!?凄く良かったですよ?演奏を聴いていた他のスタッフも絶賛してましたし。」

中尾「本当ですか?ありがとうございます!4日前ぐらいに書いた曲だったんですよ。」

中村「じゃあHOTLINEライブの為に急いで仕上げてくれたんですね?凄い!」

江頭「出来立ての曲をわざわざ・・・。ありがとうございます。曲のストックもは増えてきましたか?」

中尾「今の時点で7曲ですね。」

江頭「へぇ~、そんなに書いていたんですね。いつも2~3曲しか聴いたことがなかったのでビックリしました。」

中尾「演奏しやすい曲をつい選んでしまうので。」

江頭「またの機会に聴かせて下さいね!じゃあ・・・インタビュー的な事を聞いていきましょうか。ギターを始めてどれくらいになりますか?」

f:id:shima_c_kobe-k:20170710152330j:plain

中尾「えっと・・レッスンに通い出したのと同時なので・・・?」

中村「3年程レッスンに通って頂いているので、ギター経験も約3年ですね!」

中尾「そうです!ちなみに歌は声楽を少しやってたんですよ。」

中村「キレイな歌声ですよね。」

江頭「よく通る歌声で聴きやすいですね。ギターを始めたキッカケは何かありますか?」

中尾「キッカケというか・・・ギターのFコードを押さえられるようになった時に続けていこうと決心しました。」

江頭「あぁ~、逆にギターを辞めてしまう理由としても多いですからね、Fコードを鳴らせられるようになるかどうかは。」

中村「初めは上手く押さえられなくて音が出ないし、指も痛いし。」

江頭「そうそう、段々慣れてくるんですけどね。使っているギターはテイラーのギター?」

中尾「そうです、テイラーギターの214っていうモデルですね。今まで使ったギターの中で一番弾きやすいです!」

江頭「テイラーのギターは弾きやすいというのと、エレアコとして電気を通した時の音も良く、ノイズも少ないので私も好きですね。」

中村「そういった理由があってギター講師もよく生徒様にオススメしてます。」

江頭「ギター生徒様のテイラー使用率、多いですよね(笑)」

中村「ハイ(笑)」

江頭「普段ギターレッスンはどんなことされているんですか?」

中尾「私の場合は・・・ギターのレッスンというよりは、今は作曲や編曲の内容を重点的にレッスンして頂いていますね。」

江頭「へぇ・・!!曲作りに関してのレッスンもして頂いているんですね?幅広いなぁ。」

中尾「そうなんですよ!まず、ある程度は自分でギターのコードとメロディを作って先生にお渡ししてそこから曲を詰めていく感じです。」

江頭「単純にギターの技術だけのレッスンじゃないんですね。曲も順調に増えてなによりです。」

中村「中尾さんはレッスンを習い始めてから、島村楽器のイベントや教室の発表会にしっかり出てくれていて、そこからプライベートでもライブハウスで活動をスタートしたりと、教室担当としては音楽活動の流れが本当に理想的で。ただただ嬉しい限りです!」

中尾「ありがとうございます!」

江頭「ライブはいつもどこでされているんですか?」

中尾「神戸でライブしています。まだ始め出して間がないですけど・・・。」

江頭「神戸はライブハウスが多いですからね。島村楽器もプライベートも、是非、ガンガン活動を増やしていって下さい!・・・じゃあ最後に・・島村楽器に何か要望などありますか?」

中尾「要望は特に無いですけど・・・レッスン時間がもっと長いと嬉しいです。もっと技術を高めたいので!」

江頭「素晴らしき向上心。」

まとめ

・・・といったインタビューでした!ブログの冒頭でも書きましたが、教室に通っている生徒様がいろんな場所で腕前を披露していってくれているといった話しを聞くと嬉しい限りです。初めはやっぱり恥ずかしいですけどね。さて、今回のブログはそろそろ締めです。中尾さんの演奏活動が実を結ぶことを願いつつ・・・。ではでは。



前回→第4話
次回→

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.