島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

島村楽器 イオンモール神戸北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【掘り出し物発掘記】ジェント系ギタリスト御用達!S7Gのノイズゲート搭載のオーバードライブペダルHISS-TERRIA入荷&レビュー!【第4回】

どうも!こんにちは!島村楽器神戸北店エフェクター担当の堀です!

おかげさまで風邪はすっかり良く鳴りました!通り越してちょっと興奮気味です。(笑)

というのも!久々に『これ良い!』ってエフェクターが出ました!!

興奮のあまり長い記事になりました汗

新商品 S7GのHISS-TERRIA!


皆さまご存じメタルでジェントなギターメーカーS7Gから出ましたノイズゲート付きオーバードライブペダルです。


『メタルでジェントなのにオーバードライブ…?ディストーションじゃなくて?』


『ノイズゲート?そんな事したらサスティーンが…。』


と思う方もいらっしゃるかと思いますが、これでいいんです。詳しくは後ほど。


f:id:shima_c_kobe-k:20161129121724j:plain

f:id:shima_c_kobe-k:20161129122010j:plain


f:id:shima_c_kobe-k:20161129122353j:plain

いやー…かっこいい…。

あえて汚れているようなデザインがなんとも言えませんね…!

ではレビューいきます!

そもそも、ジェントって?

さっきからジェントジェント言っておりますが、そもそもジェントって何?という方の為にこちらの動画を紹介します。

ジェントと言えばPeriphery(ペリフェリー)。Peripheryと言えば…個人的にはやっぱりこの曲です。

www.youtube.com

ジェント(Djent)は日本語で言うと『ズギュン!』みたいな意味だそうです。(ジョ○ョではありません)

この曲のイントロ、16秒あたりから鳴り始める、『だッだだッだッだだだッ!』というこの音です。(○ョジョではありません)

この2秒聞いたら何拍子か分からなくなる、こういう変拍子を使ったメタルをジェントとか、プログレッシブ・メタルと呼ばれています。

プログレッシブ・メタルと言えば多くの人がドリームシアターなんかを思い浮かべるかと思うんですが、それとはちょっと違いますよね。

まぁ、ドリームシアター等と違うという意味でジェントと呼んでいるのでしょう。

と、話が脱線しましたが、HISS-TERRIAは大雑把に言うと、こういうサウンドを作るためのペダルです。

『メタルでジェントなのにオーバードライブ…?ディストーションじゃなくて?』

これまで、メタル向けのディストーションは数多くのメーカーより発売され、多くのギタリストに愛用されてきました。

BOSSのメタルゾーン、エレハモのビッグマフやメタルマフ、挙げていくとキリがないです。

しかし、『コンパクトエフェクターで作るハイゲインはどこか違う…。真空管アンプの歪みが最強。』と感じているギタリストが多いのが実情。(だと思う)

実際に多くのメタル系ギタリストがアンプで歪みサウンドを作っています。

ここで関西メタラーのツッコミの出番です。

『じゃあHISS-TERRIAいらんやん。』

「いや、、、ちゃうねん…。アンプのゲインだけやとちょっと足らんねん…。」

そう、多くのメタル系ギタリストはアンプのGainは低めで設定し、オーバードライブやブースターでギターの信号をブーストさせ、より深く歪ませる事が多いんです。

ほら、皆さまご存知Ibanezのチューブスクリーマー!

あれは、真空管アンプの前に繋いでゲインを上げて、チューブ(真空管)をスクリーム(叫ぶ)させる訳ですよね。

HISS-TERRIAもそういう使い方を想定されて作られています。

ただ、今回のペダルはチューブスクリーマーとは一味違うオーバードライブペダルです。

ジェントに強いS7Gから出ているだけあり、サウンドもチューブスクリーマーよりモダンで、単体でもそれなりに歪みます。

ツマミはチューブスクリーマーと同じ、よくあるボリュームとゲインとトーンの三つ。

ゲインを10まで上げるとしっかりそれだけでしっかり歪むオーバードライブサウンドですね。

ただ今回はアンプの歪みを助けるペダル。

個人的にはDriveは9時くらいで抑えてVolumeを上げるのが気持ちよくブーストしてくれて最高でした。

そしてShapeスイッチ!これをONにするとジェント感がかなり増します。

個人的にはこれがこのペダル最大の強みかと思います。

この手のスイッチはよくありますが、ここまでハッキリ輪郭が表れるのは驚きッ!(ズキュゥウウン!!)

しかし、ここまでだとただのちょっとジェント寄りのTS系ペダル…。

HISS-TERRIAはここからが違います!

『ノイズゲート?そんな事したらサスティーンが…。』

ノイズゲート!!

それはジェントサウンドを語るにして外せないエフェクターでしょう!

ノイズゲートと言うと『ジー』というノイズを取り除いてくれるアイテムですが、それと同時に大事なサスティーンを持って行ってしまったり、音瘦せが激しかったり、最近はあまりボードに組み込んでいる人がすくなかったと思います。

しかし!ジェントサウンドにはこいつが欠かせないんです。

ノイズゲートペダルというのが、そもそも 『○○以下の音量のものはカットする』という物です。(一部例外もありますが)

HISS-TERRIAにもSRESHIOLD(スレッショルド)というつまみがありますよね。
このツマミが『○○以下の音量のものはカットする』の○○の部分を調節するツマミです。

極端な話これを0にすると全くノイズは減りませんし、最大にすると音そのものがほとんどなら鳴らなくなります。



ジェントは速いテンポで歪んた音を刻みます。

その際、をミュートしますが、その時の『ぶぉん…』といった余韻。

これが歯切れの良さを失わせます。


つまり、あえてスレッショルドを大きく設定し、『ぶぉん…』という音をバッサリ切ってしまう!

そうすることで歯切れの良いズキュンサウンドができあがるという仕組みです。


ちなみにReleaseのツマミですが、これは『カットされてから元に戻るまでの時間』を調節します。

0に設定するとより良い歯切れ感が得られます。が、スレッショルドを上げ過ぎているとブツブツと音が途切れたりしますので、フレーズにより設定するのが良いと思います。


以上、とっても長い記事になりましたが、当店に入りましたすっごいエフェクターの紹介でした!


もちろん当店に在庫あります。
是非一度試奏してみてくださいー!


あなたのボード作りの参考になれば幸いです!


それではまた次回!


f:id:shima_c_kobe-k:20161026120823j:plain

店舗名 島村楽器 イオンモール神戸北
電話番号 078-983-3921
営業時間 9:00~21:00
担当 堀(ほり)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.