読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

島村楽器 イオンモール神戸北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Paul Reed Smith Guitars スペシャル・セミナー大好評でした!~機材編~

Timothy Reid(ティモシー・リード)&Gunter Ishii(グンター・イシイ)

こんにちは、ギターアドバイザーの平(たいら)です。
5月11日(日)Paul Reed Smith GuitarsWarwickベースとのスペシャルセミナー開催いたしました。お二人が使用していた機材を撮影させていただけましたので早速ご紹介いたします!

アーティストさんがこだわりを持って持ち込まれた機材を紹介!

Gunter Ishii(グンター・イシイ)’s GEAR

Gunter Ishii(グンター・イシイ)

画像

BASS:ワーウィック ストリーマーLX5/NBK
ロックで重厚感のあるサウンドからファンキーなスラップサウンド。ウォームかつグルーヴ溢れるサウンド!

アギュラーTONE HAMMER500(ヘッド)+DB410(キャビンネット)

アギュラーTONE HAMMER500(ヘッド)

AMP:アギュラーTONE HAMMER500(ヘッド)
持ち運びもしやすい小型アンプヘッド

DB410

キャビネット:DB410(キャビネット)
キャビネットの裏側にツイーターレベルツマミがあり、スラップのプルサウンドをコントロールできる優れもの!

Timothy Reid(ティモシー・リード)’s GEAR

Timothy Reid(ティモシー・リード)

画像

PRS CUSTOM24/WB

エフェクター:ギターから→

KORG PB01

KORG PB01(チューナー)

申し訳ございません。いきなり撮影を忘れてました。急遽店頭にある同じ商品を撮影いたしました。

JPG ADD(オーバードライブ)

→JPG ADD(オーバードライブ

JPG VD(ディストーション)

→JPG VD(ディストーション

Neunaber Technology WET reverb(リバーブ)

→Neunaber Technology WET reverb(リバーブ

MixとDepthフルにして使うと面白いとデモ演奏していただきました。エフェクトON時に弾いた音がOFFにしても残響音が残り幻想的なサウンドを聞かせていただきました。

tc electronic Flashback Delay(ディレイ)

tc electronic Flashback Delay(ディレイ)

テープディレイモードで使用。ディストーションと一緒に使うキレイになり相性がいいとのことでした。

tc electronic Ditto Looper(ルーパー)

tc electronic Ditto Looper(ルーパー)

短いループを作って幻想的なコードワークやソロで使用されていました。

BOSS DD6

BOSS DD6(ディレイ)

BOSS DD6のディレイは掛けっぱなしで使用されていました。このディレイタイムなど参考になりますね!

KORG Nuvibe(ヴィブラート/コーラス)

KORG Nuvibe(ヴィブラート/コーラス)

伝説のモジュレーションエフェクターKORG Nuvibe。即興で、このエフェクターを使ったファンキーなアドリブを披露!

PRS SE30

AMP:PRS SE30(コンボアンプ

ティモシー氏と女の子の語らい

ティモシー氏と女の子の語らい

セミナー終了後、キッズギターを背負った当店ギター教室の女の子とティモシー氏が笑顔で触れ合っている姿がとても印象的でした。

お問い合わせ

店舗 イオンモール神戸北
電話番号 078-983-3921
担当 平(たいら)

今回のセミナーアーティスト・プロフィール

Timothy Reid(ティモシー・リード)

ティモシーリード

イギリス出身。

2010年にデビューアルバム「electric-zenn」をひっさげ

イギリスのロック・シーンから突如現れた新星ギタリスト。

2011年に大阪へ移住して以降、そのユニークなコード・ヴォイシングと卓越したギターテクニックにより、

関西を中心にプロとして活躍中。

2013年ギター・トルネードコンテストでは初代チャンピオンに輝いた。

Gunter Ishii(グンター・イシイ)

グンターイシイ

ドイツ出身。

ドイツ人と日本人のハーフとして生まれる。

ミュンヘンのミュージックインスティテュートデニマで音楽理論を学び、

16歳よりプロとして活動を開始。その音楽スタイルはポップ、ロック、ファンク、ソウル、R&B、ゴスペル、レゲエ、ジャズと多岐に渡る。

2012年に再来日し、大阪を中心に数多くの著名なアーティストと共演を重ねている。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.