読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

島村楽器 イオンモール神戸北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ギター講師 中村太一のひとりごと

こんにちは!!
神戸北店ギター科講師中村です。
やっと暖かくなって来ましたね。
10年前くらいにウッドベースと一緒にストリートライブを週に2回ほどしてたのですが、暖かい時期になると僕らにとってストリートライブの時期の終わりを意味してました。
なぜなら寒いと空気が乾燥していて良く響く、夜になるのも早く18時くらいから良いムードで出来ていたためです。
それに、寒いと缶コーヒーやカイロを差し入れして頂いたりして心は温かかったことをよく覚えています!
いつも2人で「今日も情熱を持って演奏しよう」と握手してから演奏を始めました。

ほんの10年前の話です。

今回のコラムは前回の続き

「録音のススメ 後編」

前回は僕の録音との出会いを書きましたが。

今回はシステム的なものを。
録音というのも様々な形がありますがパソコンを中心としたシステムを紹介します。
先ずはパソコン!!MacWindowsか迷いますがどちらでも基本的には大丈夫です。
使えるソフトなどが関わってくるのが1番ですね、後はオーディオインターフェースも使用出来るものが変わってきます。
僕がMacを使ってるため、録音用にパソコンを新しく購入される場合はMacをオススメしてます。

次はオーディオインターフェース!!
これは音の出入り口となるものなので重要です。
価格もピンキリですので必要用途を考えて選ぶ事になります。
例えばギターの練習の為に、オリジナル曲の制作になど、どこまでのクオリティを求めるかのよっても変わってきます。
入出力の端子やファンタム電源の有無。USB接続、FireWire接続、Thunderbolt接続など製品によって違うので注意です。

そしてDAW!!
これは録音のソフトです。様々なメーカーから出ています。
protools、logic、CubaseSONAR、Liveなどなど。
Macでは最初からガレージバンドというソフトが入ってたり、オーディオインターフェースに体験版がバンドルされてる場合もあります。
先ずはそういった無料ソフトから試してみるのもアリですね。

これだけあれば後はギターを差し込むだけ、マイクを差し込むだけ!!

一昔前は考えられなかった事が、現在は一個人がこの環境を得られます。
他にも音を好みに変えていくためにプリアンプなど。
MIDIデータを打ち込むためのMIDI鍵盤やPadなど拡張性も色々。

今回ご紹介したのは本当に触りだけです。
もっと詳しく知りたい方は僕か担当スタッフにご相談下さい。

さてさて
増税スペシャル!!

今回はこれ

Taylor 414ce Fall/LTD2013
¥268,800(税込み)

Taylor 414ceFall/LTD2013

僕も使用しています。
ただこれは2013秋限定モデルという事でTOP材にレッドシダーが使われてます。
なので僕の414とは少しサウンドの方向性が違いますね。

普通の414より高域よりかな。
そのため指弾きも気持ち良いです。
シダーという事もあり上位機種の514ceに近い感じがします。

この辺りのチューニングの違いを弾き比べてみるのも楽しいですよ。
そしてこれはTaylor全てに言える事ですが弾き易さは抜群です!!

オススメです!

ではまた次回に!イオンモール神戸北店 ギター科講師 中村太一

  • 中村先生のプロフィールはコチラから
  • 中村先生のギター体験レッスンお申込はコチラから
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.